M&A

for sell side

「売り手と買い手の情報ギャップの解消を」

「事業承継検討の末の会社売却」や「ベンチャー企業のM&Aイグジット」の場面において、
売り手と買い手の情報ギャップと経験の差から、売り手にとって不利となるケースを多々見てきました。
買い手である大手企業は数多くのM&Aを経験していることに対して、
売り手にとっては、はじめてのM&Aになるケースが多いからです。
有利な立場にいるはずの売り手が、いつの間にか不利な立場にたたされているのです。

我々はこの情報ギャップを埋めるべく、売り手の立場にたって買い手との交渉を行います。
売却資金の獲得により、老後を楽しまれるのもよし。シリアルアントレプレナーやエンジェル投資家になるもよし。
そのためには、これまで大事に育ててきた会社に対して、最大限の価値評価(Valuation)をすることが必要です。
最後のストーリーを一緒に描く代理人として、我々を味方にしませんか。

特 徴

現在、企業価値に対しての買い手の主張が強く、売り手は交渉のチャンスが少ない(または全くない)ように思います。
この原因として下記の項目が挙げられます。
・経営者が会社の価値をわかっていない
・根拠が示せない
・味方に公認会計士(交渉人・代理人)が入っていない

また、“不動産”よりも高価な価値付けがなされる“会社そのもの”を売買するわけですから、買い手はより限定されることになります。

そのため、ポッと出の提案に対して、企業価値が最大化されていないタイミングで売却してしまうことも見受けられます。

社は売り手サイドの代理人として、これまでの小規模M&Aに生じてきた取引の不平等に一石を投じ、これまでの情報ギャップを解消します。

セルサイドにたって会社を高く売却します
→買い手との情報格差を解消するために、売り手にたちます。
経営者のご意向を伺い、売却後の会社の行く末をモニタリング(税務顧問・経営顧問)を行います

→M&Aを成功させるには売却後のケア(PMI)が重要であり、弊社はそれを可能にします。税務顧問にて経験を積んできた数少ない若手会計士集団です。

01

02

他会計事務所との違い

■会社売却される方の味方です(セルサイド)。

■有資格者である公認会計士が窓口になります。

■今すぐ売却するよりも、企業価値をさらに高めて売却する方が効な場合に、これまで税務顧問業で培ったノウハウを生かし、経営をデザインするお手伝いが可能です。

■BRAINSTALLグループである税理士法人による売却後のPMIのお手伝いが可能です。

大手仲介・FA会社との違い

 

■弊社がお客様の代理人になります。大手仲介業者やFAの言いなりにはなりません。

■業務提携している中堅規模のM&A会社をご紹介し、スピーディーな売却実現と、コスト削減を実現します。

■公認会計士が売り手の代理人となり、取引に関わる関係者を最低限に 

し、そのコスト削減による創業者が獲得する手元資金を最大化します。

featUre

scale

得意とする会社規模

売上高:3億円~30億円

or
EBITDA1億~

or
従業員:15名以上

サービス

service

月3社まで、無料で下記のサービスを行います。
 

①会社説明資料を作成します(10ページほど)

→中小企業におけるIM(会社説明資料)やプロジェクション(事業計画)の作成は、多くのM&A会社では支援してませんが非常に重要なものです。

自分の会社の現状を知るだけでも大いに価値があります。そのお手伝いをします。

②弊社提携の仲介会社との座組

→買い手候補を見つけてくるのは簡単ではありません。また、大手の仲介会社に頼んだからといって最良の答えになるとは限りません。機動力のある仲介会社をご紹介し、確実な第一歩を後押しします。

面談

ご準備いただくのは次の2つです。
ヒアリングの機会(対面、2時間)

and
過去3期分の決算書・税務申告書

まずはお気軽にご相談ください。

inTERVIEW

 copyright© 2020 BRAINSTALL , All Rights Reserved.